【公開】楽天経済圏にいる4人家族の年間獲得ポイントってどのくらい?

収入「貯める」

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、収入の中でもポイント獲得について書いていこうと思います。

私の家族はいわゆる「楽天経済圏」にいて、年間で平均50000ポイントを獲得しています。(これまでの最高は年間で100000ポイントを超えました)

ちょっとしたコツと設定さえしてしまえば、そこまで特別なことはせずとも、簡単に数万もの楽天ポイントを獲得することができます。

改悪続きとはいえ、楽天経済圏はまだまだ現役です。

楽天経済圏とは?

楽天経済圏を簡単に説明すると、生活の様々な支出を楽天グループのサービスで行うことにより、楽天ポイントを効率的に獲得し、運用したり投資したりするサイクルをつくることです。

私たち家族は、以下のサービスを使っています。

  • 楽天会員
  • 楽天カード
  • 楽天ペイ
  • 楽天モバイル
  • 楽天ひかり
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天Kobo
  • 楽天エナジー(でんき・ガス)

この内、楽天モバイルは夫も使っていますし、楽天銀行と楽天証券は家族全員が使っています。

もはや、楽天の回し者と思われるレベルですね。(違います)

また楽天のサービスは、例えば以下のように、相乗効果を生み出すものがあります。

  • 楽天カードと楽天銀行【カードの引き落としを楽天銀行にするとSPUでポイント増加】
  • 楽天銀行と楽天証券【マネーブリッジによる銀行の普通金利優遇】
  • 楽天証券と楽天カード【投資信託の積み立てを楽天カードクレジット決済でポイント還元】

このように、相互に連携しあうことによって獲得ポイントが少しずつ増えていくわけです。

まさに「経済圏」となっていくわけですね。

そして、上記サービスと、普段の買い物の支払いを楽天カード(あるいは楽天ペイ)で支払うだけで、月3000ポイントぐらいは余裕で獲得することができます。

中には「期間限定ポイント」もありますが、楽天モバイルや楽天エナジーの支払いにポイントを使うと、期間限定ポイントも無駄なく自動的に消費していくことができます。

楽天SPU・楽天スーパーSALEでさらにポイントを獲得する

楽天SPU(スーパーポイントアップ)は、対象サービスの条件を達成すると、楽天市場での買い物にポイントがさらにアップされていきます。

楽天SPUは最大16倍まで増やすことができますが、普段あまり使わないものもあったり、改悪が進んでいたりするので、以前よりやや使いづらいですが、それでもまだまだ効果を発揮してくれています。

私たち家族は2023年8月現在、特に無理することもなく9.5倍です。

ここに「楽天イーグルスが勝ったら2倍」「毎月『5』『0』のつく日は5倍」など、エントリーをするとさらにSPUが増えるタイミングに出会うと、かなりうれしいことになります。

そして、何といってもやはり、楽天スーパーSALEの存在は大きいです。

半額・割引商品があったり、「ショップ買いまわり」サービスがあったりと、かなりお得に買い物をしたり、ポイントを獲得できたりします。

私の家族では、このタイミングで「楽天ふるさと納税」を使い、寄付金控除とは別に毎年10000ポイント以上を獲得しています。

無理なく、年間平均50000ポイントを獲得できます。

以上のような楽天経済圏を敷くことで、年間平均で50000ポイント以上を獲得することができます。

とはいえ、楽天経済圏は楽天モバイルの調子が良くないこともあり、少しずつ改悪が進んでいます。

これまで圧倒的優位であった他の経済圏(PayPay経済圏や、ドコモ経済圏など)との差はほとんどありません。

ただ、今でも楽天経済圏は有効な手段の一つですし、実際に恩恵に預かることで生活は豊かになりました。

コツと仕組みさえわかれば、勝手にポイントが貯まったり使われたりしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

ご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました